CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


西東京市・田無にある「はり・灸・マッサージ みつば治療院」のブログ
治療間隔について

「次はいつ来院すればよいですか?」

最近よく質問されます。

 

今まで当院では患者様から聞かれたらお答えするというスタンスでした。

なぜなら、こちらから治療間隔をお伝えすると、営業的に思われたり

それが短い間隔であれば「頻繁に来院させようとしている」と思われるからです。

 

しかし、鍼もマッサージも初めてというかたがいらっしゃいますし、

特に鍼には神秘的な効果を期待して何でも一発で治ると思っているかたもいます。

そのようなかたに何も説明しないのは不親切ですので、今後は初診の際に

治療回数の目安と適切な来院間隔をお伝えしていこうと思います。

 

とは言え現代人は何かと忙しいため、こちらの提案通りに来院できるかたは多くありません。

お仕事のこと、家庭のこと、コストのこともあり治療を最優先にできないのです。

人それぞれ事情があり、それは仕方がないことです。

ですから、適切な間隔をお伝えしつつも患者様自身が来院できる間隔で来ていただいている

というかたが殆どです。

 

では本当はどれくらいの治療間隔が良いのでしょうか。

それは一人ひとり患者様によって異なります。

 

症状によって異なるのはもちろん、治療目的なのかメンテナンス目的のか、マッサージなら

リラクゼーションのためなのかなど。完治させることは難しくても、定期的に治療することで

一定期間楽になるかたもいらっしゃいます。ですからそれぞれ来院間隔は異なるのです。

 

でも、筋肉由来の痛みや張り・コリの症状であれば、大体の目安はあります。

 

鍼の場合、治療の初期段階では2〜3日開けて7日以内の来院を勧めています。

鍼治療の後2〜3日は「ズーン」した感覚が残ったり、筋肉痛や怠さを感じるときがあります。

鍼の効果が顕著に現れている状態です。しかし、この感覚は長くても7日程度で消失します。

ですから、治療効果が消える7日以内に次の治療を行います。

 

※ただし、重症の場合や急性症状の場合は少し間隔を詰めた方が良い場合もあります。

 

調子が良くなってきたら、徐々にこの治療間隔を空けていきます。

最終的には1〜2ヶ月に1回程度、再発予防のメンテナンスを受けて頂く状態にするのが目標です。

 

マッサージの場合も感覚的な答えになってしまいますが、鍼とだいたい同じと考えて良いでしょう。

 

あとは患者様自身がどれだけ本気で治したいかというのも重要です。

急性症状は別として慢性症状の場合、ある程度治療回数が必要となります。

鍼は魔法ではありません。

患者様自身にも治すという熱意と根気がなければ中々治らないのも事実です。

posted by hari328 | 02:10 | 治療のこと | - | - |