CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


西東京市・田無にある「はり・灸・マッサージ みつば治療院」のブログ
<< イメージチェンジ | TOP | 新入社員 >>
鍼は何に効くのか?

日本では鍼が何に効くかというより、そもそも鍼って効くんですか?

と思っている人が多いと思いますが、そもそもの話はまた別の機会に譲るとして。

 

一般のかたに信用していただけそうなデータとして、以下のWHOの適応疾患があります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【神経系疾患】

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・

不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

 

【運動器系疾患】

関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・

外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

 

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

 

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

 

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・

肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

 

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

 

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

 

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

 

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・

へんとう炎

 

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

 

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・

小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

いかがでしょうか?

意外と鍼の適応疾患は多いと思いませんか?

 

しかし、上記の疾患全てが鍼で完治するという訳ではありません。

あくまで適応症ということですから、疾患によって効果の大小があります。

 

個人的に本当に鍼で改善するんですか?

という疾患もありますので、当院のホームページにはこのデータを載せていません。

自分が改善させることができる、またはその可能性が高い疾患を施術対象としています。

 

では、当院の鍼治療で効果が期待できるのは何かというと、腰痛やぎっくり腰のように

筋肉が原因の疾患となります。首・背部の筋肉を緩めることで、自律神経失調症や坐骨

神経痛なども効果が期待できます。

 

ただ、腰痛と言っても骨折やヘルニアのように筋肉が原因ではない場合があり、鍼で改善

することが難しいパターンもあります。

 

筋肉が原因か否かの判断は、病院での診断や当院で行う徒手検査などを基に行いますが、

それでも判断が難しい場合は、患者様の同意の上で鍼を行いますが、3回鍼をして全く

何の変化もない場合は鍼の適応外と判断しています。

posted by hari328 | 21:32 | 治療のこと | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック